非上場投資信託の投資商品流通に関する 香港証券先物委員会(SFC)と香港香港金融管理局(HKMA)Thematic Review テーマ別ジョイントレビュー実施について

2022年3月1日、証券先物委員会(SFC)と香港金融管理局(HKMA)は、仲介業者による非上場投資商品の流通に関するテーマ別レビューを同時に開始しました。規制当局は、2021年10月の調査の初回結果を発表し、共通の懸念事項に対処するために監督を緊密に調整してきました。

Thematic Reviewは、エクイティリンクストラクチャード商品(エクイティ・アキュムレータおよびデキュムレータを含む)や社債などの人気商品の流通に係わる証券仲介業者の方針、取引手順、システム、および内部統制、ならびに管理監督が範囲となります。レビューの目的は、製品のデューデリジェンスの実施、適合性評価(Feasibility) の実施、およびクライアントへの情報提供の慣行を含む、行動規範に基づく適合性要件への仲介者のコンプライアンスを評価することです。

SFCとHKMAは、同時テーマレビューの結果を業界と共有し、必要に応じてさらなるガイダンスの必要性を検討します。

上記記事につきまして、ご質問がありましたら、バイセンス(https://visence.info) にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA