香港進出形態を総まとめで説明します【法人・支店・駐在員事務所】

こんにちは。香港公認会計士のケンです。ビジネスで香港に進出しようと考えた時、進出形態として最もポピュラーなのは法人設立です。ただ、その他にも支店や駐在員事務所という形態でも香港進出が可能です。今回は法人形態ごとのメリット・デメリットについてご説明しますね。

香港進出形態のまとめ

法人 支店 駐在員事務所
営業活動 不可(結果として、行った場合は日本法人のPEとして香港で課税)
事業所得税申告 必要 必要 課税所得は原則発生しない。数年に一度、申告書の提出が必要
会計監査 必要 不要 不要
会社登記 必要 必要 原則不要
事業登録 必要 必要 必要
年次報告 必要 必要(本社決算書も提出) 不要
取締役 1名以上 日本本社と同一 日本本社と同一
日本での法人税 課税なし(日本本社はタックス・ヘイブン対策税制の規定) 本店所得に合算して申告(香港支払税金につき、外国税額控除適用可) 本店所得に合算して申告
本社との損益通算 不可
就労ビザの発行

上記の表は、事業上の主要項目について法人・支店・駐在員事務所の取り扱いをまとめたものです。営業活動は法人及び支店にのみ認められています。

しかし実務上は駐在員事務所で営業活動を行っている例が散見されます。これは法令違反であるとともに、日本法人のPermanent Establishment(PE)として、当該PEから生じる香港源泉所得に対し事業所得税が課される可能性があるので留意が必要です。

香港と日本のPEは以前書いた以下の記事を参考にしてください。

https://startuphk.jp/pe-hkjp/

法人・支店は営業活動が許容されるため事業所得税の申告が必要になります。法人の場合は、香港の会計士による会計監査に基づき発行される監査報告書を、事業所得税申告書に添付することが義務付けられています。支店の場合は会計監査・監査報告書は必要ありませんが、信頼性をもって事業所得税申告が出来るよう支店の会計を整備しなければなりません。

会社登記・事業登録については、駐在員事務所のみ両方必要ありません。

駐在員事務所は日本本社の登記書類の英訳をもって、税務局(IRD)のBusiness Registrationの窓口で通常の商業登録します。つまり、香港法人ならCertificate of Incorporationを持っていかないといけないところを、日本本社の登記書類の英訳をもってBusiness Registrationするということです。

https://startuphk.jp/setup-7-step/

会社登記を行っていないため、駐在員事務所は年次報告も必要ありません。

https://startuphk.jp/annualreturn/

その他、支店駐在員事務所はあくまで日本法人の出先機関ですので、取締役は日本本社と同一になりますが、香港法人には最低一人の取締役が必要となります。

香港法人は日本法人とは別法人になるため、日本本社と香港子会社との損益通算を行うことはできません。

子会社である香港法人に実体がないと認定された場合は、日本のタックスヘイブン対策税制に基づき、香港法人の所得を日本本社の所得と合算し、日本でも課税される可能性があるので留意が必要です。

香港に法人を持つ場合の形態はそのメリット・デメリットを考えて、選ぶことが必要です。もし気になることがあれば、お問い合わせ下さい。少しでも多くの日本企業が香港で活躍することを心から願っています。

【2019年】HSBC香港に口座を作る方法【徹底解説】

HSBC香港って何なのだろう。日本人でもHSBC香港で口座作れるのかなあ。なんで、わざわざ日本から香港のHSBCに口座を作りたがる人がいるんだろう。

こういった質問に答えます。私は4年間香港に住んでいます。HSBCに口座を持っていますし、給与口座の受け取りも、日本への送金も、HSBC香港のインターネットバンクで済ませています。そんな便利なHSBC香港の開設方法をお伝えします!

そもそも、HSBC香港とはどんな銀行なんだろうか

1865年3月に香港にできた銀行です。その後、上海に支店がオープンしています。HSBCとはHongkong and Shanghai Banking Corporationの頭文字が社名になっています。香港の法定通貨である香港ドルの紙幣発行銀行の1つです。

なぜ、HSBC香港に口座開設するメリットがあるの

HSBC香港で口座を作るメリットは以下があります。

  • 日本円を含む11通貨を1つの口座で管理することができます。
  • キャッシュカードを使えば、ユニオンペイ(銀聯カード)の機能を使って、セブン銀行など主要ATMで日本円を引き出すことが出来ます。
  • インターネットバンクを通じて、日本を含め主要金融機関への送金が可能
  • 外国通貨定期預金・FX・香港株式・US株式・投資信託・IPO株・債権(ワラント債を含む)・デリバティブ・金・生命保険・損害保険・年金保険・定期保険・海外旅行保険といった金融商品がオンライン上で買える

私がオーストラリア人から勧められて買った商品の1つにUnit Trust(投資信託)があります。20万円ほどでしたが、持っている間毎月2,000円程度配当があってお得だなあと思った記憶があります。金融商品に詳しい人からすれば当たり前なのでしょうが、HSBC香港の銀行口座からオンラインバンクで買えるこの気軽さは良いですね。

HSBC香港での口座開設方法

個人の場合は、開設可能です。必要書類は以下になります。

  • 住所証明(国際運転免許証)
  • パスポート
  • マイナンバー(支店により)

ビザは不要です。旅行者でも大丈夫です。HSBC香港オーシャンセンター支店や上環の店舗など口座開設としては有名です。なお、キャッシュカードはその場で受取ることができます。あと、株などを購入する場合は、投資口座(Investment Account)が必要になります。申込時にその旨も伝えておきましょう。

香港HSBC口座の種類

普通 Smart Vantage Advance Premier
Total Relationship balance N/A HKD5,000 HKD200,000 HKD1,000,000
手数料(最低額以下) N/A HKD60/月 HKD120/月 HKD380/月
インターネット取引 不可
テレフォンバンキング なし 営業時間 24時間/365日 24時間/365日
承認済クレジットカード なし なし HSBC Advance Visa Platinum

(年会費無料)

HSBC Premier World Master

(年会費無料)

投資信託

手数料

N/A 最低:2.5% 最低:1.5% 最低:1.0%
為替レート 優遇なし 優遇なし 優遇なし 優遇あり
取り扱い商品 N/A 外国通貨(11通貨)・外国通貨定期預金・FX・香港株式・US株式・投資信託・IPO株・債権(ワラント債を含む)・デリバティブ・金・生命保険・損害保険・年金保険・定期保険

Total Relationship Balanceは3ヶ月の平均残高になります。Total Relationship Balanceが下回った場合は毎月決まった額の手数料が控除されることになります。

香港HSBCで買える金融商品

株式 投資信託 定期保険(注2) 終身年金保険(注2)
発行者 上場企業 ファンド運用会社 保険会社 保険会社
販売者 銀行・証券会社 銀行・証券会社 銀行・保険会社 銀行・保険会社
主な通貨 HKD HKD/USD/EUR HKD/USD HKD/USD
税金

(注1)

なし なし なし なし
利回り 株によるがP/Eは比較的日本より高め 世界中の多様な投信が購入可能 HSBC:3.5%/年 マスミューチュラル:3.0%/年

定期保険や日本の終身年金保険は日本居住者は購入することができません。これは日本の保険業法で規制されているためです。

まとめ

HSBC香港は香港の歴史ある名門銀行です。日本人も個人の口座開設は可能です。良い点としては日本と異なり、銀行のオンラインバンキングのシステム上で、外国通貨(11通貨)・外国通貨定期預金・FX・香港株式・US株式・投資信託・IPO株・債権(ワラント債を含む)・デリバティブ・金・生命保険・損害保険・年金保険・定期保険などを購入することができます。

先ほど書いた必要書類をHSBCに持参すればあなたも口座開設することができますので、是非やってみてくださいね。私は口座開設のサポートはしていませんが、知人で詳しい人もいますので、興味あればご紹介も可能です。メールでお問合せください