法律・ビザ

香港の求人情報のありかをまとめました

こんにちは。香港に住みはじめて6年になるユウタです。香港で働きたい人多いですね。この記事にたどり着いた皆さんは香港の求人活動をお探しということですよね。

僕も今香港で働いていますが、海外の就職活動はとかく散漫になりがちです。人材紹介会社も日本で有名な会社もあれば香港のみにある会社もあります。求人広告も複数サイトにばらけています。また、香港にある邦字紙やフリーペーパーに載っているものがあったりと良い求人を探すのに一苦労です。

香港で(一応)仕事を探した私が適宜チェックしている香港の求人を探す手段を以下お知らせしますね。

なお前提条件として、香港では3年以上の職歴が求められることが多いです。

これは香港政府から労働ビザをもらう際にその人の専門性を証明する一つの基準として「3年」が専門性を身につける期間と考えられているからです。(顕著な成果がある場合、申請時に言えますので、3年を免除できる可能性はあります)

この記事は普通の方を対象にしていますので、一応職歴3年つけてからお越しになることをお勧めします。

香港の求人の探し方

香港にある人材紹介会社から香港求人を探す

まずは人材紹介会社です。香港人はものすごいペースで転職をします。そのため、人材紹介会社やヘッドハンターは日本よりずっと身近です。

人材紹介会社は香港には無数にあります。香港政府の労工処のデータですと、3089社ありました(2018年7月調査)。

この中にはもちろん日系人材紹介会社もあります。とりあえず、香港転職がはじめての方は日本人もいる日系人材紹介会社に登録・相談にいってみてみてはどうでしょう。(非公開の香港求人を紹介してもらえるかもしれませんよ)

[パソナ香港](https://www.pasona.com.hk/)
パソナは香港で長い歴史があります。開業は1984年ですから、すでに30年以上の歴史があります。個人的な印象なんですが、条件の良い求人を持っている印象があります。ちなみに、パソナは香港では語学学校を経営するなど多角化しています。

[JAC Recruitment](https://www.jac-recruitment.hk/ja)
日本ですと高額案件が多いと良く広告を見ますが、香港でも条件の良い求人もありますし、後は日系企業以外の会社との取引が多いので、普通には見当たらない求人も多い印象です。

求人サイトで香港求人を探す

[jobsDB](https://hk.jobsdb.com/hk)
香港拠点の求人サイト大手。インドネシア、シンガポール、タイなど東南アジアでも運営しています。検索ワードで”native japanese”とかで検索すると、10〜20件は出てきます。jobsDBは香港だと圧倒的な求人量なので、見てみるといいでしょう。

[LinkedIn](http://linkedin.com/)
香港だと100万人以上のユーザーをかかえるキャリアSNSのリンクトイン。香港で日本人を探している求人も結構あります。出稿しているのは普段なかなか知ることのない超大手外資系企業やスタートアップなどが出稿しています。ただ結構、日系企業の香港法人も求人を出しています。人材紹介会社に払う紹介料は高額なので、直接採用したいんでしょうね。

上記はいずれも英語で書かれています。香港で働くのであれば、英語はできた方が良いと思いますが、以下は日本語で書かれているアジアの求人サイトです。

[NNA jobwire](https://jobwire.nna.jp/)
アジア16カ国の求人情報が掲載されています。香港求人も結構あります。香港かシンガポール、香港か台湾、香港か中国などで悩んでいる場合に見比べられるのは良いですね。

香港の地元紙で求人情報を探す

[香港ポスト](https://www.hkpost.com.hk/category/classifies/)
香港ポストは香港の日本語新聞。日本食レストランなどで無料で配布されています。クラシファイドには求人情報が掲載されています。既に香港にいる日本人がターゲットですが、気になる求人には積極的に応募しましょう。

以上となります。香港の求人は見つけるのが大変ですが、ぜひ時間をかけて探して見てください。香港で転職した経験した経験がありますし、人材紹介会社で働いている人に知り合いもいますので、もし興味あれば以下のフォームから問い合わせ頂けば可能な範囲で対応します。