会社秘書役 

  • 豊富な会社秘書役経験を有する日本人スタッフが担当します
  • 日本語にて応対します
  • 日本人の香港弁護士と香港公認会計士が携わります

会社秘書役(Company Secretary)とは

香港では、取締役会・株主総会議事録の作成・保管といった様々な法定書類が適法かどうか確認し保管する会社秘書役(Company Secretary)という役職が会社条例により特別に規定されており、必ず選任を行わなければなりません

会社秘書役(Company Secretary)の要件

どんな人がCompany Secretary(会社秘書役)になれるかというと、以下のような人になります。

個人の会社秘書役:香港居住者
法人の会社秘書役:香港に事務所もしくは登記住所

複数の取締役を有する香港法人であれば、いずれかの取締役が会社秘書役を兼務することができますが、取締役が1名の私的会社(Private Company)は、当該取締役以外の会社秘書役の選任が必要です。

会社秘書役は会社条例(香港の会社法)に関する深い知識と経験を有し、常に最新の規定を理解することが求められる、法務担当者としての側面もあります。

そのため、通常は香港の法律に精通した人や会計事務所、法律事務所が担当しています。

会社秘書役(Company Secretary)の具体的な役割

具体的な役割として、主に下記のものが挙げられます。

  • 株主や取締役変更の記録
  • 取締役会・株主総会の議題や議事録作成
  • 年次報告を含めた法定書類の作成と会社登記所への提出
  • 登記事項の変更と管理

会社秘書役(Company Secretary)を外部委託する場合の注意点

会社秘書役の任務には直接影響はありませんが、業務委託をする会社秘書役サービス提供会社が行う一部の業務にライセンスが必要となりました。これは世界的なアンチマネーロンダリング・対テロ対策の協働を踏まえ、会社設立を含めた一部の業務にライセンスが必要となりました

下記の業務を他法人に対し行う場合は、Trust or Company Service Providers (TCSPs)としてライセンスが必要になります。

  • 法人設立
  • 他法人の取締役や会社秘書役への就任
  • 他法人に対し、登録住所やその他法人のための住所を提供
  • 他法人・他人のために信託の受託者への就任

香港法弁護士、香港公認会計士、彼らのパートナーシップや監査法人はライセンス取得を免除されます。スタートアップ香港を運営するVisence Professional ServicesはTrust or Company Service Providers (TCSPs)を取得しています。ご安心ください。

当社の会社秘書役(Company Secretary)サービス プランと料金

新たに香港でビジネスをはじめる皆さん、香港弁護士・公認会計士が携わる安心の会社秘書役サービスをご提供します。

料金体系(1年ごと)

Aプラン Bプラン Cプラン
会社秘書役への選任
会社登記所への年次報告
下記サービスの利用回数
(政府支払費用を除く)
3 6 12
登録住所変更
取締役もしくは会社秘書役変更
登録事業変更
会社名変更
年次総会通知
年次総会議事録作成
取締役会議事録作成
重要支配者情報管理者
重要支配者変更
株式割当
株式増資
株式移転
合計 2,000香港ドル 4,000香港ドル 6,000香港ドル
【特価】スタートアップ香港で会社設立の場合 1,500香港ドル 3,500香港ドル 5,300香港ドル

追加オプションサービス

重要支配者登録・変更など 1,000香港ドル/回
重要支配者情報管理者 – 重要支配者情報の管理者として選任 1,500香港ドル/年
会社登録情報変更手続 – 役員や株主、資本金の変更など 1,000香港ドル/回
総会通知・議事録作成 500香港ドル/回

長く付き合う会社秘書役はスタートアップ香港を運営するVisence Professional Servicesにご依頼下さい。TCSPsライセンスを有しておりますし、専門家がサポートする安心感をご提供します。

会社秘書役に関する資料請求・お問い合わせは以下のフォームからお寄せください。

1件のコメント

コメントはできません。