香港  投資家・JVパートナー マッチングサービスのご紹介

スタートアップ香港は、香港・中国進出を目指す企業に、現地投資家・JVパートナー候補をご紹介する、マッチングサービスを提供しております。

香港は、国際展開する企業にとって、投資家や戦略的JVパートナーにアクセスするための最適な場所です。

(1)香港経由で中国経済へアクセス。中国本土への直接投資に規制が厳しく、香港法人を設立し本土に外商投資企業(WFOE) 子会社を設立するのが一般的です。メリットは以下の通りです。

  • 中国本土との経済貿易緊密化協定により、特定品目における関税ゼロ、サービスの優遇措置。
  •  JV ストラクチャーにて撤退・Exitする際、中国国内に中国企業を閉鎖するのではなく、香港法人の株式を第三者に譲渡することで撤退・Exitが可能です。
  • 香港会社設立は15万円ほどで可能で、ホールティング会社機能を活用すれば、香港での所得税はゼロになります。


(2)国際金融都市

  • 香港は、欧米系金融機関や銀行、証券会社、PEファンド、ファミリーオフィス等がアジア拠点を置いています。 
  • また、香港ベースの金融機関や投資家は、対中投資だけでなく、対日投資にも興味があります。
  • 2019年末の香港証券取引所の資金調達額は香港ドル314,500,000,000 (4兆3000億円)で世界最大の資金調達市場。アリババの二次上場、Budweiserアジア拠点のIPO等が2019年行われ、バイオテック企業の上場規制緩和により、更なる拡大が予想されます。資金調達するのに最適な場所です。

香港でのマッチングに興味がある方は、是非お問い合わせください。